天然理心流
剣究会


<稽古>  <理心流資料箱>  <思い付くまま>  <撥雲館道場>   <リンク>  



 天然理心流の流名は「天に象り地に法り、以て剣理を究める」ことからといわれ、剣の理を追究し、究めるという意味から「剣究会」としました。


 新選組局長近藤勇らが遣った天然理心流は、初代近藤内蔵之助長裕→二代近藤三助方昌→三代近藤周助邦武→四代近藤勇昌宣→五代近藤勇五郎信休→六代桜井金八義祐→七代近藤新吉正行→八代加藤伊助修勇へと継承され、勇五郎先生以降は撥雲館で稽古が行われてきました。昭和40年代に撥雲館が閉鎖されるまで正月の5日のみ稽古会が開かれていましたが、その撥雲館道場内に入り、加藤先生の指導を受けたのは私が最後になります。天然理心流剣究会は近藤道場撥雲館の流れを継承しており、新選組として京都で名を馳せた近藤勇の試衛館の系統です。
<撥雲館道場>



            三鷹市役所隣に新しくできたSUBARU総合スポーツセンターでも稽古を始める事になりました。
            詳細は<稽古>のページをご覧ください。

            同門で年に何回か交流稽古を行っている<天然理心流 盛岡剣術稽古会>のリンクを追加しました。
            東北、盛岡周辺で天然理心流に興味のある方はのぞいて見てください。

 <思い付くまま>のページに文字通り思いつくまま剣術や武道、理心流に関する事項を書いていこうと思いますので、興味のある方はのぞいてみて下さい。

            
<鍔の大きさ>の項、追加   <2016/10/13>

            <歩きスマホ>の項、追加   <2016/07/24>

            <角帯の締め方>
の項、追加   <2016/07/20>

            <免許状>の項、追加   <2016/05/25>

            
<久しぶりの演武>の項、追加   <2015/08/04>

            <組太刀の難しさ>の項、追加   <2015/04/09>

            <サンバイザーと自転車>
の項、追加  <2014/06/02>

            <最近の木刀>
の項、追加   <2013/10/23>

            <インターネット恐るべし>
の項、追加   <2013/05/18>

            <平成の試衛館?>の項、追加   <2013/01/10>

            <表木刀五本の謎>
の項、追加   <2012/06/16>

            <勇武館演武>
の項、追加   <2012/05/17>

            <剣術と剣道>
の項、追加   <2012/03/18>

            
<谷保天神撥雲会演武>の項、追加   <2012/02/27>

            
<凍結路面と足捌き>の項、追加   <2012/02/19>

            
<加藤伊助先生以後の近藤系天然理心流について>の項、追加   <2011/07/27>

            
<昭和四十二年 天然理心流形動画>の項、追加  <2011/06/01>


 三鷹市の北野ハピネスセンターで土曜午後1:00〜5:00(原則)、SUBARU総合スポーツセンターで日曜午後0:00〜3:00(原則)、不定期ですが主に日曜の夜間、日野の新町交流センターで稽古を行っています。
 武道、剣術等未経験でも基本からじっくり稽古します。また天然理心流にこだわらず剣術、武道を始めてみたいという方も歓迎です。

 詳細は<稽古>のページをご覧ください。
 



 歴史的に大きな出来事ではないけれどもちょっとしたお話を、新選組隊士関係者御子孫や理心流関係者にお聞きしたり、文章を寄せて頂いたものを<理心流資料箱>としました。
<理心流資料箱>

 


                
       お問い合わせはこちらまで
メール
risinryu@risinryu.club



 <稽古>  <理心流資料箱>  <思い付くまま>  <撥雲館道場>   <リンク>  





当HPに掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
                       
天然理心流剣究会

hatuunkan.htmlへのリンク